オンライン教室との違い

オンライン教室との違い 最近はギター教室なの音楽教室もレッスンにわざわざ通わなくてもオンラインで行われることが多くなってきました。
仕事や学校で忙しい人にとっては魅力的なレッスンで、とても取り組みやすくなっています。
講師を紹介するサイトなどもあり、自分で時間や講師を選んでレッスンを受けることもできます。
ただし、メリット、デメリットのどちらもあるのでそこを考えてみましょう。

ギター教室のレッスンではお手本となる講師の演奏を間近で見たり聞いたりすることができますが、オンラインではスピーカーや画面を通して確認することになります。楽器は響きや音の聞こえ方、演奏するときの姿勢など直接聞いたり見たりすることが大切なことがたくさんありますから、そこはデメリットと言えるでしょう。
しかし、レッスン場所までの移動時間などを考えると自宅で決まった時間になったらすぐにレッスンが受けられるのは大きな魅力でありメリットであると言えます。

また、直接レッスンでは複数名のクラスのこともありますが、プライベートレッスンを受けられる場合には割り当てられた時間はフルに自分だけのレッスンに使えるので講師に何でも聞いたり教えてもらうこともできます。

どちらにもメリットとデメリットがありますから、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。

ギター教室のオンラインと通学の違いやメリット

ギター教室のオンラインと通学の違いやメリット オンラインのギター教室と通学タイプの教室ではどのような違いがあるのか確認してみましょう。まずオンラインなら入会の手続きから実際のレッスンまで、全て自宅でできるのが特徴です。ネットを通じて自宅のパソコンやタブレットはもちろん、スマートフォンでも習得できますので気軽にレッスンできるのがメリットです。また実際のギター教室に通学する必要もありませんので、時間を有効的に活用できるのが魅力です。教室に通う時間を練習の時間に費やす事もできますし、電車などで大きなギターケースを持ち運ぶという手間もかかりません。

そして講師の方のプレイを動画で確認できる事も特徴で、何度も再生できる事から復習なども行いやすいのがメリットです。しかし自宅での学習となりますので音合わせやセッションなどが行いにくいという点がありますが、近年では音源を工夫したりメトロノームを活用するなどされていますので、それらの部分は解消されつつあります。